東京で葬式を行うことになったら見る情報サイト

TOP > 東京で葬式を行うときのポイント > 葬式の大まかな流れ

葬式の大まかな流れ

この数年で葬儀を取り巻く事情は随分と変化を見せています。昔に比べて柔軟な考えを持つことも許容されるようになっており、従来の葬儀に対しての違和感なども解消されつつあるようです。
葬儀の小規模化や個人化が進んできており、故人との最後に過ごす時間に重点がおかれる葬儀が増えてきています。これは核家族化が進んでいる東京などを中心として支持されるようになりました。
都市部では地方に比べ大人数の参加者を募れないという事情も関係しています。そのため、家族や近親者でよりシンプルな葬儀を行なおうという動きにつながってきました。
また、非常に高齢で亡くなる人も増えてきており、もともと参列する人が少ないという点も葬儀の小規模化の要因として考えられています。

そこで、東京でお葬式を行う際には葬祭業者もシンプルなプランを提示することが多くなっています。家族葬などはその代表的な例ですが、東京独特の傾向としては火葬のみを行う直葬もかなり支持されているようです。
また、小規模化の流れがある都市部の葬儀では、自宅でお葬式を行うということは非常にまれになってきました。もともと近年は病院で最後のときを迎える人がほとんどです。
自宅で旅立ちのときを迎えるということはほとんどないと言われています。長い間患っていたりした場合には、故人を1度病院から自宅に連れて帰りたいと考える人もいるそうです。
しかし、集合住宅など、また部屋数が少なかったり、近隣の住人への配慮などを考えると、自宅に遺体を連れて帰るのは現実的ではないという現状があります。
そのため、病院から斎場へ遺体を連れて行くという流れが一般的になっており、お葬式も斎場で執り行うことが通常化しています。

東京などでは斎場も小規模な葬儀に対応しているところが多くなっています。また、最後はゆっくりとお別れをしたいと考える遺族も多いため、非常にアットホームな雰囲気で故人と一緒の時間を過ごせる部屋が設けられているところもあるようです。
ただ小規模なお葬式といっても仏式で行う場合には、通常の葬儀と異なる点はほとんどありません。お通夜を行い、その後に告別式を行うという流れになっています。
ただ、最近は宗教的な儀礼を用いないお葬式も執り行われるようになっており、その場合は仏式とは異なる流れで遺族が葬祭業者などと相談して段取りを決めることが一般的なようです。仏式の場合は、火葬の後に法要がある場合もあります。仏式でない場合にも火葬の後は会食の場などが設けられることもあるそうです。

次の記事へ