東京で葬式を行うことになったら見る情報サイト

TOP > 東京で葬式を行うときのポイント > 直葬が増加の傾向がある東京の葬式

直葬が増加の傾向がある東京の葬式

葬儀の多様化が進んでいる現在、特に顕著なのが葬儀の簡素化です。
特に都市部においてその傾向が強いと言われています。
簡素なお葬式の代表として家族葬があげられます。
しかし、これは参列者の人数が一般のお葬式と異なり少ないというのが主な特徴です。
それ以外は宗教的な儀礼を行うことも多くなっています。
他にあげられるのが1日葬です。
これはお通夜を行わずに告別式だけと行うため、葬儀にかかる日にちが1日で済むのでそう呼ばれています。
そして、さらに簡素な形が直葬です。
お通夜も告別式も執り行わずに火葬のみを行う形です。
これは本来家族がいないなどの事情がある場合に各市町村によって行われていたのが始まりです。
そのため葬祭業者でこのプランを設定しているところは少し前までは多くありませんでした。
それが最近になって特に東京などの都会でこの形を選択する人が増えてきました。
全体の半数以上が直葬を行っているという報告もあり、その数は今後も増えていくようです。



東京で葬式の手配をする際のポイント

東京で葬式の手配をするうえで、おおよその費用を確認しながら、納棺から告別式までの対応が優れている葬儀社を探すことが何よりも大切です。
近年では、シンプルな形のお見送りを希望する家族が増えていますが、それぞれのプランの利点や料金システムに関して、担当者に簡単に紹介をしてもらうと良いでしょう。
特に、僧侶の依頼の仕方に関しては、分かりづらいところがあるため、打ち合わせの際に経験の豊富な葬儀社の担当者と話し合いをすることが大事です。
東京の大手の葬儀社のプランの内容に関しては、各社のカタログなどに詳しく掲載されることがあり、場合によっては生前相談の申し込みをすることも有効です。
年間の葬儀の依頼件数の多い葬儀社においては、24時間の対応が行われているところもあり、様々なニーズのある依頼者へのサポートに定評があります。



東京で葬式を行う場合の選択肢は多い

東京で葬式を行う場合、自宅付近の葬儀社に依頼する事も出来ますが、最近は様々なスタイルの葬式が選べるようになっています。
家族葬や小さな葬儀が人気を集めています。
少ない予算でも十分な葬儀となります。
親しい友人と親族で見送るスタイルは葬儀に時間をかける事が出来ます。
また全体的な費用を大きく節約出来ます。
葬儀社を仲介する業者もあります。
斎場などはその時に空いた所を使用する為、どこになるかはその時にならないと分かりませんが、その分安い費用で対応してもらう事が出来ます。
24時間365日体制でサポートしていますので、必要な時に連絡する事で利用可能です。
昔ながらの葬儀社から大手の葬儀社の利用という選択肢もあります。
中には、互助会制度で月々いくらか積み立てていく所もあります。
宗教に関係なく希望に沿った葬儀を行う事が可能です。

次の記事へ