東京で葬式を行うことになったら見る情報サイト

TOP > 東京で葬式を行うときのポイント > 東京で葬式を執り行う際の注意点

東京で葬式を執り行う際の注意点

葬儀を執り行うと一口に言っても、地域によりしきたりや風習には必ず違いがあります。
地元に住み続けている人ならば問題はありませんが、東京となれば地方出身者も多いのではないでしょうか。
その際に東京の方式で葬式を執り行うと、地方から参列した人に批判されてしまうこともあります。
東京の方式で行うのか、出身地方に合わせるのかということもしっかり考えておく必要があります。
地方の葬式の方式に合わせる場合には、葬儀業者選びはより慎重に行わなくてはなりません。
あらゆる地方の葬儀のしきたりを知っている業者に依頼しておかないとスムーズに内容を決めていくことができません。
近年では家族葬など小規模な葬儀を執り行う人も増えていますが、親族とトラブルにならないようにするためにも方式と業者選びには十分気をつけておくようにしましょう。



東京の葬式の基本的なしきたりとは

人は誰もが必ず最期の時を迎えることになり、その際には遺族が葬式を執り行うことになります。
しかし一口に葬儀といっても地域によってしきたりにも違いがあるので気をつけなくてはなりません。
東京は人口が多いことから葬儀も頻繁に執り行われていますが、地方出身者も多くしきたりの違いに気づいていないという人も多いのではないでしょうか。
葬儀のしきたりとしてはお通夜の後には通夜振る舞いがありますが、親族だけで食事をするのではなく、参列された一般の方に食事を振舞うことになります。
食事をすることが供養となるので、参列した時には一口でも口をつけることが礼儀となっています。
通夜振る舞いには必ずしも参加しなくてはならないというわけではありませんが、なるべく参加するようにしましょう。
その際には、故人との楽しかった話をする場となっています。



東京の葬式の一般的なしきたりとは

葬式に参列することはあっても、執り行う立場になることは長い人生の間でもそう頻繁にあることではないのではないでしょうか。
東京となれば、地方出身者が多くなおさら東京のしきたりやマナーで頭を悩ませることになります。
通夜の後には通夜振る舞いがあり、通夜に参列した人はみんな参加するということもあるので、飲食接待費は高額になり基本的に香典は受け取ります。
収骨の際には西日本では骨は一部だけを拾いますが、東日本では全骨で遺骨を全て骨壷に納めるのが一般的です。
東京の方式で葬式を執り行うのか、出身地方のしきたりに合わせるのかは事前によく考えておきましょう。
葬儀業者によっては、地方のしきたりでは執り行えないということもあるので、地方のしきたりに合わせたい場合には、見積もりや相談の早い段階でそのことを伝えておくべきです。

次の記事へ