東京で葬式を行うことになったら見る情報サイト

TOP > 東京で葬式を行うときのポイント > お通夜と葬式はどちらに参加すべきか

お通夜と葬式はどちらに参加すべきか

人が亡くなって葬儀をする場合、仏式であればお通夜と告別式が行われます。お通夜は故人となってしまった家族と過ごす最後の時間となりますが、もともとは亡くなった人が淋しくないように一晩一緒にいてあげるという意味合いもありました。
家族だけでお通夜を営む場合は、宗教的な儀礼を行うというよりも、故人と一緒にいることを重要視するので、遺族は喪服を着ることもありませんでした。
しかし、最近のお葬式の多くは自宅ではなく斎場で行われています。もちろんお通夜の儀式が済んだ後は翌朝まで身内だけで過ごすことには変わりありません。けれども以前のような意味合いでお通夜を執り行うということは少なくなっています。

以前はお葬式に参列する人は、お通夜の翌日の告別式のほうが多かったようです。どれだけ多くの人が弔問に訪れたかという点で、どれだけ立派なお葬式だったかということが語られることも多かったようです。
誰もが重要視するのはその規模だったという時代もありましたが、時代の流れとともに現在多くの人が持つ認識は以前と同じではありません。
また、社会環境の変化にもより、仕事などの都合で告別式よりもお通夜のほうが時間的な都合が良いという人も増えています。そのため、告別式に参列しなくてもお通夜には行くという人も多く、その割合は時にはお通夜の人数のほうが多いということもあるようです。
要するにお通夜も告別式化したと言うことになるのでしょう。現在のお通夜は、午後6時ごろから僧侶の読経と焼香が行われることが多くなっています。地域によってはその後に弔問客への通夜振る舞いが行われることもあります。
近年のお通夜は夜間の告別式のような性格に変わりつつあるようです。

人が亡くなった際のお葬式に関して、お通夜では故人となってしまった家族と最後の時を過ごします。
そしてお別れはしたくはないけれど、遺体となってしまった故人の尊厳を守るために荼毘に付さなければなりません。そのための本当に最後のお別れの儀式として告別式を執り行い、家族、親族だけではなく、故人と親しかった友人、知人も一緒にお別れをします。
お通夜も告別式も故人とのお別れの儀式という点ではその重要度に変わりはありません。親しい人が亡くなった知らせを受けて、お葬式に行かなくてはいけないと考える場合、お通夜も告別式も両方参列するのが礼儀だと考える人も多いかもしれません。
しかし、忙しい現代では、突然の訃報に際してすぐに都合を合わせられない人も多いかもしれません。大切なのは故人を偲ぶ気持ちです。
お通夜、告別式の両方に参加できなくても、どちらかになってしまったとしても、偲ぶ気持ちの重要度もまた変わりはないと把握しておくことは決して失礼にあたることではないかもしれません。

次の記事へ